ラウンド・ロビンとは?


少人数のグループで、実験テーマ ごとに分かれた5つのテーブルを順番にまわっていきます。

主として外国人留学生が指導します。

科学における基本的な技術や法則をより深く理解するためのプログラムです。

 

2019年度ラウンド・ロビンの実験テーマ

  

  Ⅰ.植物組織の顕微鏡観察

  Ⅱ.分光スペクトルの測定

  Ⅲ.電気抵抗の温度による変化

  Ⅳ.食品の糖分、塩分、pHの測定

  Ⅴ.太陽光発電のモデル